試作品作成用途 | 3Dプリンターで開拓する現代人の創造性と未来

3Dプリンターで開拓する現代人の創造性と未来

ミニチュアの電車と車

試作品作成用途

実験のための費用

3Dプリンターを利用して自分で樹脂立体モデルを作ることができるようになると、試作品作成用途に活用して実験のための費用を落とすことができます。
製品を製造しようとする段階で問題になるのが、数多くの試作品を製造しないといけないという問題です。試作品を製造すると簡単にいうことはできますが、そこには問題があります。
それは、試作品を作る段階で業者に発注をする必要があり、それが研究開発費を圧迫しているという問題です。
業者に何かを発注するには当然費用が必要で、試作品を製造するためにはそれなりのコストが必要です。
金型業者に作りたい製品の発注をかけるときには、金型製造の費用がかかります。しかも、その金型製造費用は試作品の製造段階では回収できません。修正したいことが発生すればそのバージョンの金型代は無駄になります。
試作品製造の段階では商品として売れないことから、なるべく試作品の製造を減らすことが原価の軽減につながります。試作品作成はなるべく抑えないと、最終的に売上や利益、そして消費者への有益性を失います。
だからといって、試作品を全く製造しないのも問題です。人に売るものですから、徹底的にテストを繰り返して完璧を目指す必要があります。
そこで、3Dプリンターによって樹脂を使って立体モデルを作れば、データ上の立体モデルを試作品として立体化できます。3Dプリンターのインクを利用するほうが、試作品の製造のために業者に依頼をするよりも間違いなく安いです。
ですから、3Dプリンターを上手に活用することで試作品作成用途に活用することができます。

Copyright © 2015 3Dプリンターで開拓する現代人の創造性と未来 All Rights Reserved.