プラスチックの可能性 | 3Dプリンターで開拓する現代人の創造性と未来

3Dプリンターで開拓する現代人の創造性と未来

ミニチュアの電車と車

プラスチックの可能性

思っている以上に多様

3Dプリンターで射出されるインクは、樹脂を使っていることがほとんどです。
そして、樹脂といえば一般に聞き覚えはなくとも、多くの人はプラスチックという形で樹脂には常に触れています。
プラモデルはもちろんですが、ペットボトルも立派な樹脂製品です。また、100円ショップで購入した収納容器も樹脂製品です。
さらに、食品保存容器としてよく利用されるタッパー、俗称ジップロックも、大きく言えばプラスチックの仲間ですから、当然樹脂製品の仲間です。
身近なところでたくさん使われている樹脂製品は、工業製品という範囲に広がればもっと多種多様な範囲に利用されています。
飛行機などの各種景気に影響を与えないように、電磁波を受けないプラスチックねじが使われている部分があります。
もちろん、プラスチックと言っても強度は十分です。むしろ、金属を利用する以上に樹脂ネジは力強い効果を持つことがありますし、それは航空業界が一例として挙げられます。
そこに注目するだけでも、プラスチックの可能性は非常に幅広いことがわかります。
ですから、3Dプリンターを利用することで樹脂を自由自在に使いこなせるようになるのはとても大きな革新です。
様々な用途で利用できる樹脂を使って立体モデルを自由に製造できること、その3Dプリンターの機能は、ものづくりの分野において非常に大きな意味をなします。

特性と実例

3Dプリンターで利用される樹脂には、非常に様々な特性と、特性を活かした実例を挙げていくことができます。
例えば、薬品に対して強力な効果を持つ部品を作ることで、実験環境や製品製造環境で役立てることができます。
静電気の帯電を防止できる樹脂や、燃えにくい樹脂、引っ張り耐性が強い樹脂など、多種多様な特性が多様な用途に対応してくれます。
3Dプリンターを利用して、それら樹脂を使った製品を自由自在に作ることができます。もちろん、完全な製品として利用することまでは難しい部分があることについて、否定することは難しいです。
それでも、自力で樹脂を自由自在に操れる3Dプリンターは、その特性を広く一般に広めることができる有力な存在です。

Copyright © 2015 3Dプリンターで開拓する現代人の創造性と未来 All Rights Reserved.